兵食協ニュース

兵庫県内における平成30年次(平成30年1~12月)の食中毒の発生状況(速報値) がまとまりました。事件数が49件、患者数が941人と、前年度と比較して発生件数 及び患者数とも増加しました(対前年比:事件数約1.5倍、患者数約2.5倍)。 平成30年次の事件数では、カンピロバクターを原因とする食中毒が18件と最も 多く、次にノロウイルスによる食中毒が14件となっています。患者数ではノロ ウイルスが多くなっています。 カンピロバクターによる食中毒は、少量の菌数で発症することから、細菌性食中 毒の特徴である気温の高い夏場に発生するだけでなく、冬場にも食中毒を起こす 細菌です。発生要因は、鶏肉の生食や不完全な加熱によるもの、鶏の生肉から他の 食材への二次汚染があります。調理器具等の使い分けや冷蔵保存時の二次汚染防止 対策を徹底するとともに、鶏肉など(ササミ、肝、筋胃など)の生食を絶対に避け、 十分な加熱調理をしてカンピロバクターによる食中毒を防止しましょう。 また、ノロウイルスは特に冬場に多く発生し、生カキが原因となることがありま すが、ウイルスに感染した調理従事者が食品を二次汚染したことによるものが多く なっています。ノロウイルスによる食中毒を防止するためには、トイレの後や調 理前には特にしっかりと石けんを泡立てて十分な時間をかけて手洗いをしましょう。 二度洗いが特に効果的です。さらに、調理従事者の健康チェックを徹底し、体調 不良者は調理を含め食品を直接取扱う作業に従事しないことが何より重要です。

新着情報
2018/1227
年末年始の業務について

年末は12月28日(金)で業務は終了いたします。 年始は1月4日(金)より通常業務となります。 なお、休業中に食品衛生責任者養成講習会受講のお申込みをされる方は、ホームページの申込みフォームよりお申込みください。


2018/1114
ノロウイルス食中毒予防講習会のご案内

今年度も協会員様対象に講習会を開催いたします。 受講を希望される方は、当協会までお電話でお申し込みください。 【日時】平成30年12月5日(水)14:30~16:00 【会場】あかし保健所2階会議室 (明石市大久保町ゆり…


2018/1106
「ノロウイルス食中毒予防強化期間」が始まりました!

 ノロウイルスによる食中毒は年間を通して発生しており、特に冬期に多発し、 大規模な集団食中毒も発生しています。感染者や調理器具などを介して汚染し た食品を喫食することによりノロウイルス食中毒が発生することが多いことか ら…