兵食協ニュース

  • 毒キノコによる食中毒について

夏の終わりから秋にかけてのキノコ狩りのシーズンには、毒キノコによる食中毒が多く発生します。

キノコはおいしく食べられる種類がある一方で、食中毒を起こして死に至るような猛毒を含む種類もあることが知られており、今年も8月に死亡事例が報告されています。

これら毒キノコによる食中毒のほとんどは、素人判断で採取された野生のキノコを食べたことによるものです。

毒キノコによる食中毒を予防するため、以下のことに気をつけましょう。

(1)食用と確実に判断できないキノコは採らない。

 食べられる種類とはっきりわかっているもの以外は採らないようにしましょう。

(2)食用と確実に判断できないキノコは食べない。

 食用キノコの鑑別は専門家でも難しいことがあります。少しでも迷ったら、食べるのは控えましょう。

(3)採取したキノコを安易に譲渡したり、譲り受けたりしない。

 譲渡・販売したキノコが万一毒キノコで、食べた人が食中毒になった場合、過失致傷罪等に問われる可能性もあります。

(4)キノコの毒は調理してもなくならない。

 加熱や塩漬け等の調理によって、毒を取り除くことはできません。

(5)キノコの見分け方の俗説を信じない。

 柄が縦に裂ける、色が地味、虫が食べているなどで見分けることはできません。

万一食べてしまったら・・・

(1)すぐに吐き出す。

(2)直ちに医療機関で受診する。

(3)残っている食品、食材は捨てずに取っておく。

○兵庫県ホームページ「毒キノコによる食中毒について」

https://web.pref.hyogo.lg.jp/kf14/hw14_000000078.html

新着情報
2020/0828
賛助会員のご紹介及びパートナー契約のご案内

この度、当協会と賛助会員である兵庫電力株式会社が電気・ガス料金削減を目的としたパートナー契約を結びました。 当協会の会員様の電気・ガス料金の削減、および運営費として電気料金の一部を当協会へ還元して頂けることになりました。…


2020/0605
食品衛生責任者養成講習会の再開について

長らく中止しておりました食品衛生責任者養成講習会を再開いたします。 新型コロナウイルスの感染拡大を予防するため、体調不良や発熱、咳などの症状がある場合は受講をご遠慮願います。また、症状がなく出席していただく方についても、…


2020/0527
食品衛生責任者養成講習会について

長らく中止しておりました責任者養成講習会につきまして、再開させていただく準備を進めております。すでにお申込みいただいております皆様につきましては、ハガキにて振替日をご案内させていただきます。 まだ、お申込みされていない方…