兵食協ニュース

秋はキノコによる食中毒が多く発生します! すごしやすい気候となり、ハイキングなどで自然に触れる機会も多くなるこの時 期は、毒キノコによる食中毒が多く発生する時期でもあります。毒キノコによる 食中毒は9月~11月ごろに集中して発生し、県内でも毎年のように発生してい ます。今年も、8月末ごろから毒キノコによる食中毒が全国で複数発生しており、 呼吸困難などの重篤な症状を示し死亡事例も報告されています。 これら毒キノコによる食中毒のほとんどは、素人判断で採取された野生のキノコを 食べたことによるものです。毒キノコによる食中毒を予防するため、以下のことに 気をつけましょう。 1 素人判断でキノコを採らない。 毒キノコには、食用のものとよく似た種類のものがあります。これらを誤って採 取し、食べたことによる食中毒事例が多く発生しています。 2 採取したキノコを安易に人にあげたり、もらったりしない。 3 キノコの毒は調理してもなくならない。 加熱や塩漬けといった調理によって、毒を取り除くことはできません。 4 キノコの見分け方についての迷信は信じない。   柄が縦にさける、色が地味、虫が食べているなどで見分けることはできません。 5 万が一、食べてしまった場合は (1) すぐに吐き出す。 (2) 直ちに病院を受診し、何を食べたかを医師に伝える。 (3) 残っている食品、食材は捨てずに、受診の際に持参する。 ○兵庫県ホームページ「毒キノコによる食中毒について」 https://web.pref.hyogo.lg.jp/hw14/hw14_000000078.html

新着情報
2018/0802
「HACCPの考え方を取り入れた衛生管理講習会」開催のご案内

今後、すべての食品事業者を対象にHACCPが制度化されます。 当協会では、下記の通りHACCPの考え方についての講習会を開催いたします。 受講を希望される場合は、当協会までお電話でお申込みください。 ただし、定員150名…


2018/0613
「食品衛生法等の一部を改正する法律」の公布について

HACCPに沿った衛生管理の制度化を含む「食品衛生法等の一部を改正する法律」につきまして、本日6月13日(水)付けで公布されましたのでお知らせします。 (参考) 平成30年3月13日(火)閣議決定 国会提出 4月10日(…


2018/0406
食品衛生責任者養成講習会の受講料について

5月11日開催の食品衛生責任者養成講習会より、明石市食品衛生協会の会員施設の受講者様につきましては、受講料がお安くなります。営業している施設、又はお勤めしている施設の会員確認は当協会までお問い合わせください。      …